皮膚ガンの前ガン状態である日光角化症の治療に用いられるフルオロウラシルのクリームがコラーゲンの生成を増やし、シワやシミの改善に役立っているそうです。

  • ホーム
  • フロニダクリームの市場調査

フロニダクリームの市場調査

薬のスプーン

元々、5-FU錠などのフッ化ピリミジン系の最も基本的な抗がん剤として使用されるフルオロウラシルを主成分とするフロニダクリームは、皮膚ガンや腫瘍の治療に用いられ、シワや濃いシミアザ、ほくろなどをとる作用があるとイギリスの国営放送で報道され、以来日本国内でも人気を博しています。
現在、日本国内では主に代行輸入や通信販売で市場取引されています。
フッ化ピリミジン系製剤は、細胞の遺伝情報を持つDNA形成に必要なピリミジンの合成を阻害してがん細胞の分裂増殖を抑える作用があり、多方面では肌のターンオーバーを促進する働きがあるとされ注目を集めています。

フロニダクリームは、副作用の多いフルオロウラシルを主成分としているので1%含有から5%含有と各種販売されています。
又、同様に肌のターンオーバーを促進する薬用成分としては、分化誘導療法による急性前骨髄球性白血病の治療に使用されているトレチノインがあります。
トレチノインは、エトレチナートと類似した構造式のビタミン誘導体であり、美白や皮脂分泌の抑制作用などアンチエイジングに効果があるとされ、フロニダクリームと比較される事もあります。

フルオロウラシルは、遺伝子RNAに必要なウラシルの代わりに取り込まれる事によって、がん細胞の増殖を抑制するとされています。
フルオロウラシルは、基本的に内服薬として使用される事はありませんが、稀に欧米では注射薬として使用される事もあります。
フルオロウラシルは、重い副作用を引き起こす恐れがあるので定期的な血液や肝臓腎臓の検査が必要とされています。
又、テガフールやギメラシル・オテラシルカリウム配合剤を併用すると重い血液障害などの副作用があるとされています。

サイト内検索
人気記事一覧