皮膚ガンの前ガン状態である日光角化症の治療に用いられるフルオロウラシルのクリームがコラーゲンの生成を増やし、シワやシミの改善に役立っているそうです。

老化肌の原因は?

乾燥している肌の女性

老化肌の原因とはなんでしょうか?
それにはいろいろな要素が考えられていますが、主な原因として、紫外線などによる光老化、活性酸素による肌細胞の酸化、そして乾燥による老化があります。
このうちなかなか対処しにくいものが、肌細胞の老化です。
紫外線も乾燥も日頃のケアと注意で対処することができますが、肌細胞の酸化については、より高度な方法によって対処するしかありません。
例えば、フルオロウラシルを用いるのはそのうちの一つです。
フルオロウラシルとはあまり聞き慣れない人もいるかもしれませんが、こちらは抗癌科学治療薬の一種です。
文字通り、本来は抗癌治療に用いられる薬ですが、これが老化肌の改善にも役立てることができるといわれているのです。
その理由は、抗癌と老化肌の改善が、その対処の仕方において類似しているからです。
癌の原因の一つが酸化にありますが、老化肌の場合も、細胞が酸化することが原因の一つに挙げられています。
そこでこのフルオロウラシルが用いられるわけですが、当然薬である以上、注意点や副作用の問題もあります。
例えばフルオロウラシルの主な副作用として、発疹、色素沈着、脱毛、倦怠感、しびれなどがありますし、より症状の重い副作用としても、脱水症状、消化器症状、下痢、うっ血心不全、肝機能障害などが報告されています。
こうした副作用が起こる可能性があることを踏まえながら使用する必要があります。
もっとも、廊下肌の原因が酸化以外にあるなら、その場合はまた別の方法で対処することが好ましいといえるでしょう。
その点で、まずは老化肌に陥った原因をはっきりさせておくことが大切です。
ただし、美容目的でフルオロウラシルを用いることができるという点は、知識として覚えておくといいでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧